「みことのり」を読む

平成29年8月4日

日本国憲法の制定、つまり帝国憲法の改正に関し、興味深い資料がある。江藤淳編『占領史録』である。ここにGHQ民生局次長ケーディスのコメントがある。

「その際ウイトニイ准将は当時の吉田外相及び松本博士に対して、マ元帥は現行憲法は根本的に改正せらるべきこと、而もそれは左の方<続きは・・>

異聞草紙28~29 異聞草紙~27 雉子の巣
居酒屋に集う 靖国問答   続・靖国問答  「女帝」問答  続「女帝」問答
ポツダム宣言と教育勅語   ヘンリー・S・ストークスの日本
TPP問答   知識人の怠慢(1)
史談録 女の事件簿・大正昭和戦前
皇位継承論を読む 継嗣令(女帝子亦同)の解釈
女性宮家論と「みことのり」
不改常典「壬申の乱・トラウマ説」
昭和史を読む 丸山真男・超国家主義論のカラクリ    文部省『国体の本義』批判
金子堅太郎・昭和の大罪   三島由紀夫と磯部浅一
靖国判決の欺瞞   誤解の「あきつみ神」・現人神
異聞論集 教育勅語     人間宣言      国家神道
西田幾多郎「世界新秩序の原理」の構造
Copyright2009-2017雉鳴