R&D in 2022

ギャラリー

イメージ01

第14期Aチーム

第14期Aチームは、2年次にコロナ禍の強い会社について研究し、3年次は研究を発展させて、コロナ禍における倒産について研究しています。

イメージ02

第14期Bチーム

第14期Bチームは、2年次のJA組織の研究を絞り込み、都市型JAと都市農業の研究に取り組んでいます。

イメージ03

2年生研究ーム

2年生研究チームは1チームです。RPA(Robotic Process Automation)と経理業務について研究しています。

イメージ03

日本大学商学部

日本大学商学部は、社会に出て役に立つ「実学」を学ぶことのできる大学です。

イメージ04

川野克典ゼミナール

川野克典ゼミナールでは、主として管理会計論を学びますが、会計分野に止まらず、社会で役立つ知識、技術を幅広く学びます。

informationお知らせ

2016年08月18日
ホームページを開設しました。
2022年04月04日
ホームページを更新しました。

Past research (2016〜2020年の調査研究)お知らせ

Aチーム (2016年)
JA横浜のご支援を頂き、食農教育の研究に取り組みました。
Bチーム (2016年)
JA東京あおばのご支援を頂き、直売所の改革に取り組みました。
Aチーム (2017年)
JA全中のご支援を頂き、全国の高校3年生の食の意識調査に取り組みました。
Bチーム (2017年)
JA東京あおばのご支援を頂き、引き続き直売所の改革に取り組みました。
Aチーム (2018年)
JA東京あおばのご支援を頂き、都市農業振興バスツアーに取り組みました。
Bチーム (2018年)
決算早期化と業績の関係について研究し、数々の賞を受賞しました。
Aチーム (2019年)
全国のJAの中期計画の研究に研究対象を変更しました。
Bチーム (2019年)
JAおちいまばりの直売所さいさいきて屋の販売高増加に取り組みました。
Aチーム(2020年)
国際会計基準の適用が業績に与える影響を研究しました。
Bチーム(2020年)
全国のJAを評価する業績評価モデルの作成と、JAの経営改善の提案を行いました。
Aチーム(2021年)
コーポレートガバナンスコードが業績に与える影響を研究しました。
Bチーム(2021年)
農業簿記の研究を行いました。

profile

日本大学商学部
川野克典研究室

〒157-8570
東京都世田谷区砧5-2-1
日本大学商学部
川野克典研究室
e-mail kawano.katsunori@nihon-u.ac.jp




川野ゼミナール第11期Aチームの研究成果物「国際会計基準適用時の疑問に対する回答集」を公開致します。 ココからダウンロードできます。