川野克典のホームページです。

e-mail kawano.katsunori@nihon-u.ac.jp

〒157-8570 東京都世田谷区砧5-2-1 日本大学商学部

私の飲んでいるドリンクDrinks which I drink frequently



 私が頻繁に飲んでいるドリンク剤をご紹介します。 なお、このページのドリンク剤は医薬品あるいは医薬部外品を主として掲載し、清涼飲料水、エナジードリングは原則として、対象外としています。オロナミンCは炭酸が入っていたので、医薬品指定されなかったという経緯が示す通り、実は医薬品、医薬部外品とも清涼飲料水との境界はあいまいです。

ドリンク剤は効くのか

 安いドリンク剤の主成分は、タウリン(アミノエチルスルホン酸)とビタミンB群です。代表的ドリンク剤である大正製薬のリポビタンDが1962年に発売された頃の日本では、まだ十分な栄養摂取ができていませんでした。そんな中、リポビタンDが医薬品として発売されたのです。その成功を見て、類似処方のドリンク剤が発売されました。代表的エナジードリンクのRed BullもリポビタンDが影響していることは明らかです。しかし、今の日本では食料事情が変化し、タウリンやビタミンB群が不足している人はほとんどいません。従って、過剰摂取となり、これら成分の効果はないと言っても過言ではありません。カフェインと糖分の効果と言ったら、言い過ぎでしょうか。でも、私は飲みますけど、、、
 一方、ユンケルやゼナに代表される高いドリンク剤の場合、漢方や各国で滋養強壮薬として用いられてきた生薬を配合しており、長い年月の中で用いられてきたという背景があります。例えば、高いドリンク剤のほとんどに高麗人参が含まれていますが、高麗人参の効果は一定の評価を得ています。私は、漢方が薬として用いられて、一定の評価を得ているように、科学的裏付け(エビデンス)は十分ではないものの、生薬を十分に配合しているドリンク剤はある程度の効果があると信じています。

 代表的ドリンク剤のリポビタンDとエスカップ。定番のドリンク剤で掲載していないものがたくさんあります。特徴のないドンンク剤はなかなか購入する機会がなくて、、、

カロリーが低いソフトドリンク代わりのドリンク剤

 私のお奨めは、イオンで売っている「タウリン入りドリンク3000」です。タウリン(アミノエチルスルホン酸)の量が3,000mgと多いのみならず、アミノ酸入りです。しかも実売価格が安い。ソフトドリンク代わりに飲んでいます。

夜に飲むドリンク剤

 カフェインの入っていないドリンク剤です。夜寝る前に飲みます。ハブロンはゼナの処方をベースにカフェインレスにしたドリンク剤です。



疲れた時に頻繁に飲むドリンク剤

 頻繁に飲むドリンクですので、コンパの良いドリンク剤です。リキロングゴールドGはリポビタンゴールドの旧処方同等ですが、価格が10本800円以下。しかし、リキロングゴールドGは、自宅近くのダイエーから一時期なくなりました。そこで、代わりに最近は、グロンファイターGOLDを毎朝飲んでいます。リコビタンゴールドエースは、類似品が増えたため、ほんの少し処方を変えたものです。読ませたくないのか、成分表示の字が小さくて読めません。キンヨーファイトゴールドは数少ないグルクロノラクトン配合。サモンビガー-TはゼナF-1の別ブランドで処方は全く同じで半額以下。ヘルビタ黄W液はユンケル黄帝液の分量がW(2倍)入って、価格は半分以下です。



 ユンケルに新製品が出ました。箱も新しいデザインになっています。


 あまり手に入らないので、飲みませんが、最高のコスパはヒップのダダンUだと思います。

ツムラのハイクタンDもコスパは高いと思います。

ヘトヘトの時に飲むドリンク剤

 いわゆる高いドリンク剤です。プラセボ効果(偽薬を投与したにも関わらず、病気が治ったりすること)もあって、元気回復。 一番左の2本は同じゼナ NEW F-Uの写真です。ゼナはNEWが付かないF-Uもあり、混乱します。生薬が1つ少なくした安売り対策品です。



 ユンケル黄帝ロイヤル2というドリンク剤があります。

この成分は下記の通りです。
エレウテロコック流エキス・500mg、黄精流エキス・2,000mg、イカリソウ軟稠エキス・400mg、シベットチンキ・250mg、ゴオウチンキ・900mg、反鼻チンキ・200mg、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)・10mg、ビタミンB2リン酸エステル・10mg、γ-オリザノール・10mg、無水カフェイン・50mg
 一方、ユンケル黄帝ロイヤルの成分は、下記の通りです。
エレウテロコック流エキス・500mg、黄精流エキス・2,000mg、イカリソウ軟稠エキス・400mg、シベットチンキ・250mg、海馬チンキM・250mg、反鼻チンキ・200mg、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)・10mg、ビタミンB2リン酸エステル・10mg、γ-オリザノール・10mg、無水カフェイン・50mg
 ゴオウとは牛の胆石。海馬チンキはオオウミウマなどの内臓を除いて乾燥させたものです。私の理解が正しければ、ゴオウは安いドリング剤、例えば上記のリキロングゴールドにも含まれているので、海馬チンキの方が原価率は高いはず。しかし、店頭価格はロイヤル2の方がかなり高い。同じような商品を発売して、全体の単価を引き上げている。マーケティングですね。

安物のドリンク剤

 100円前後の安いドリンク剤です。効き目は???
モアビタンDX5000というドリンク剤を見つけました。タウリン(アミノエチルスルホン酸)3,000mgにアミノ酸類2,000mgが入って、5,000mgです。タウリンはアミノ酸ではないはずですが、アミノ酸としているケースがあり、本ドリンク剤もアミノ酸類としています。パワビタαは、ホームセンターのコメリで発見しました。もう再び巡り合うことはないかと思い、即購入しました。10本498円(税抜)でした。リッチマンはドラッグストア スマイルで売られているドリンク剤です。

中途半端なドリンク剤

 安いのですが、成分量が多くなく、残念なドリンクです。でも安いので、結局買います。トップカイザーVは、カインズのPB商品で、グルクロノラクトンが入っているのが特徴。ハイクタン内服液とダンクロンAはイオンで買いました。スパークユンケルはリコピタンDゴールドよりやや高級志向。ユンケルの黄帝3は高い値段と成分が中途半端。実はブランドは違っても同じ会社で作っているケースは多いです。中外医薬生産という会社が様々な会社のドリンク剤をOEM生産しています。マーケティングがうまいコーワが「Q&P」(キューピー)のブランドを使ってドリンク剤を展開しています。処方としては大したことはないです。ユンケルD2はマツモトキヨシ専用商品で、安売りのため、通常価格が高く設定されています。

お酒を飲む時飲むドリンク剤

 やはりグルクロノラクトンの入ったグロンサンでしょう。リポビタンDのブランででもお酒を飲む時のドリンク剤が発売されました。乳酸菌入りって理由が良く分かりません。しかし、グロモントの方がコスパ良し。

高麗人参の量が多いドリンク剤

 高麗人参の配合量が多いドリンクです。その分高いです。


 高いのでなかなか買えませんが、以下のドリンクは高麗人参が主成分のドリンクの主流でしょう。
正官庄 高麗帝王液
Meiji Seika ファルマの活蔘28活蔘28ROYAL活蔘28Vも、正官庄を製造しているスノーデンが製造しています。

珍しいという理由で買ったドリンク剤

 出張でドラックストアに立ち寄った際に購入したドリンク剤です。NANPAO源気DXはNANPAO源気DXのダウングレード版だが、ディスカウントドラックストア「コスモス」の専売品。同じく、グロンファイターゴールド、グロファイター W-ZEROもコスモスの専売品。トップビタン黄Wは米田薬品のドリンク剤でヘルビタ黄Wと同じです。
煌樹は新横浜で初めて見つけて購入しました。エネジオゴールドは、前出のリキロングゴールドと全く同じ処方です。リコビタンDゴールドの旧処方ですね。サインエースはイトーヨーカ堂で在庫限りで安売りしていました。

飲んでいないドリンク

  ヘパリーゼシリーズは、成分と価格が納得できず、購入したことがありませんでしたが、ゼリア新薬工業 ヘパリーゼキングプラス、 ゼリヤ新薬工業 ヘパリーゼキング、ゼリア新薬工業 ヘパリーゼキングEXをいよいよ購入しました。高すぎです。処方を見ればわかりますが、超儲かると思いますよ。


下記のドリンクの方がコスパが高いです。
ゼリア新薬工業 ヘパリーゼ ドリンク
 この他にも類似製品を出しており、ちょとだけ成分を変えて、価格を高くしています。同じ傾向は佐藤製薬のユンケルシリーズ、大正製薬のゼナシリーズにもみられますが、ユンケルやゼナの方が成分の差別化がされています。今やドリング剤はマーケティングの産物として開発販売されています。
ゼリア新薬工業 ヘパリーゼ ドリンクU
ゼリア新薬工業 ヘパリーゼ ドリンクHi
ゼリア新薬工業 ヘパリーゼ ドリンクHiプラス
ゼリア新薬工業 ヘパリーゼ ドリンクAmino

その他のドリンク

 専門家は、イミダペプチドが入っている最も良いドリンク剤と言いますが、私には効果が???だったドリンク剤です。


川野克典

〒157-8570
東京都世田谷区砧5-2-1
日本大学商学部

e-mail
kawano.katsunori@nihon-u.ac.jp