R&D in 2017

川野ゼミナールの学生の研究を
紹介するページです。

ゼミナール学生による調査研究2017

3年生Aチームへのリンクゼミ生の研究HOME
2年生Aチームへのリンク2年生Bチームへのリンク

川野克典ゼミナール
3年生 Bチームの研究

直売所とは
一般に直売所とは、農業従事者や漁業従事者が直接、農畜産物、海産物を持ち込み、販売する形態を指し、協同組合が運営する直売所の他、道の駅、農業生産法人等の直売所もあります。

直売所も改革が必要
2016年4月1日より改正農協法が施行され、JA(農業協同組合)は、JAの経営目的は農業所得の増大、事業利用分量配当に努めることであることが明記されました。これにより、JAはこれまで以上に農業従事者の所得が増える取り組みを推し進めていくことが必要です。
農畜産物が私たち消費者に届けられるルートにはいくつものルートがありますが、近年、重視されて来たのが、直売所です。直売所では、農業者が持ち込んだ朝採れの新鮮な農産物が直接販売されるため、消費者に好評で、これまでは順調に販売高を伸ばしてきました。
しかし、この直売所の伸びも衰えつつあり、売り手視点の「直
所」から買い手視点の「直所」への転換が必要だと考えます。その転換が、農畜産物の付加価値を増大し、農業従事者の所得増大に結び付くと考えます。
私たち川野ゼミナールは、昨年に引き続き、JA東京あおばのご理解を得て、JA東京あおばのご理解を得て、JA東京あおばの直売所である「こぐれ村」の改革に取り組みます。


直売所「こぐれ村」の収益改善に取り組みます
3年生Bチームは、主としてこぐれ村の収益改善に取り組みます。組合長のご出席を得て行ったキックオフミーティングの様子は、2017年4月14日付「日本農業新聞」にも掲載されました。



私たちの約束
 研究を進めるに当たり、3年生Bチームメンバーで以下事項について約束しました。

一、遅刻厳禁
二、積極的に発言
三、有言実行
四、目標を明確に
五、常に全力で


苗の販売会をお手伝い
4月29日、30日にこぐれ村で開催された野菜苗の販売会のお手伝いを3年生Bチーム、2年生Aチームがさせて頂きました。


こぐれ村夏祭りにも参加
8月2日にこぐれ村で開催された夏祭りにも参加させて頂き、農家の方々にご質問をさせて頂きました。


こぐれ村のリニューアル計画を策定
こぐれ村の方々のご意見、経営企画部の方々のご意見を頂き、こぐれ村のリニューアル計画を策定しました。策定に当たっては、マーケティングの授業で学習した4P (Product、Price、Place、Promotion)に、経営学で学んだ3C(Customer、Company、Competitor)を修正した4C(CUSTOMER、Co-FARMER、CCooperative、COMPETITOR)を用いて、4P×4Cのマトリックスを作成して、漏れのない計画の策定を目指しました。
【リニューアル計画の概要】「
・こぐれ村のイメージ色を黄金色(こがねいろ)にします
・POPを全面的に刷新します
・旗、横断幕も設置します
・レイアウト変更を行います
・セットでの購入等、提案型の店舗にします
・JA東京あおばのPB商品の販売促進を図ります
・5S
(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を徹底します


こぐれ村をリニューアルしました。 「こぐれ村、変わります」


お盆にこぐれ村が休みとなるため、その期間を使って、こぐれ村をリニューアルしました。リニューアル中の様子です。(2017年8月14日)


リニューアル開店しました。
ぜひ新しいこぐれ村にお出ででください。


天候不順により入荷数量が少なく、すぐ売り切れてしまいます。


POPの数を増やし、荷が無くても楽しいこぐれ村の実現を目指した結果、客単価は横バイだったものの、客数の増加に成功することができました。

インナー大会で報告

 私たちは10月7日に開催されたインナー大会第57回東京経済大学大会において、これまでの研究の成果を報告しました。
報告の要旨は以下の通りです。

 「こぐれ村」での実証実験の結果を受けて、全国に新しいコンセプトの「直買所」を提案し、生産者のための直売所から消費者のための直買所へ進化させる。私たちが提案する新モデルのコンセプトは、笑う(CHUCKLE)、 買う(BUY)、楽しい(JOY)である。



アグリカルチャーコンペティション
 
11月26日(日)に開催されたアグリカルチャーコンペティションに出場し、優秀賞を獲得しました。


アカウンティングコンペティション
 12月24日(日)に開催されたアカウンティングコンペティションに参加し、審査員特別賞を受賞しました。



 アカウンティングコンペティションの資料は、ココからダウンロードできます。

JA東京あおばの理事会に報告
 1月30日にこれまでの活動をJA東京あおばの理事会に報告しました。


テレビ神奈川「かながわ旬菜ナビ」に出演
 2月4日日曜日のテレビ神奈川(TVK)の「かながわ旬菜ナビ」に出演しました。

これでBチームの活動は全て終了しました。ご支援に感謝致します。




profile

日本大学商学部
川野克典研究室

〒157-8570
東京都世田谷区砧5-2-1
日本大学商学部
川野克典研究室
e-mail kawano.katsunori@nihon-u.ac.jp