○○クリニック

アンケートを終了しました。ご協力に感謝致します。

 本研究「日本企業の管理会計・原価計算の継続的調査 2020年度調査」(Management Accounting Research Project in 2020)は、日本企業の管理会計・原価計算において、普遍的に維持される手法、変化した手法、新手法の誕生を明らかにする調査研究プロジェクトです。
 本研究の主要手段は、アンケート調査、インタビュー調査、統計分析等です。アンケートについては、日本大学商学部の研究者により実施されて来た過去4回の管理会計、原価計算の調査と同一の質問事項を継続すると共に、会計基準変更、新技術導入等に伴う変化の仮説検証のための新規質問事項等から構成します。同様のアンケート調査は、他研究者も実施されていますが、本研究がそれらのアンケート調査と異なる点は、①1985年以降定期的に調査を実施し、管理会計・原価計算の手法の経年変化が把握できる点、②管理会計・原価計算の分野を包括的に取り扱っている点、③現状把握のみならず、管理会計、原価計算の新手法の萌芽の把握を目指している点です。
 本研究を2020年度に実施する意義は、過去の4回の調査が6年から8年の間隔をおいて実施されており、2011年~2012年の前回調査終了時から既に7年が経過していること、新収益認識基準が2021年4月から原則適用となる前に調査を実施して、以後の調査において、新収益認識基準前後の変化の把握を可能にするためです。

 本調査は、牧誠財団の研究助成(研究2020002号(研究助成A))を受け、実施する研究です。
アンケート調査回答のお願い
アンケートを終了しました。ご協力に感謝致します。

 アンケートは、前回調査と条件を同じとするため、東京証券取引所第1部、第2部上場企業を対象に依頼状を郵送し、目標回収数260社、回収率約10%を目指しています。アンケートの回収は、Webアンケートを採用します。
 しかし、回答は東京証券取引所第1部、第2部上場企業のみならず、非上場企業、中小企業からもご回答を頂きたいと思います。
下記のボタンをクリックすると、アンケート回答フォーマットにリンクします。
【製造業版】
 
https://jp.surveymonkey.com/r/CS386WT



【非製造業版】

https://jp.surveymonkey.com/r/CR8C2FC



アンケート調査の前提となる仮説
 現時点での仮説(予想される結論)は、
・新会計基準の管理会計への影響は少ない
・ERPパッケージソフトウェアがグローバル展開している
・ビッグデータと統計手法の活用が一部企業で開始されている
・ICカードを使って収集された顧客情報を用いたマーケティングと管理会計が融合、統合化されている
・IoTを使って工場の品質情報がより詳細に把握されている
・製造履歴情報がより詳細化された原価情報として活用されている
・損益把握単位がより細分化されている
・貸借対照表管理の粒度(単位)が詳細化されている
等です。今後も更新して行きます。


 前回の調査票はココからダウンロードできます。但し、印刷はできない設定になっています。
前回(2011-2012年)調査の成果論文
 前回(2011-2012年)調査の成果論文は、日本大学商学部のHPにて公開しております。
「日本企業の管理会計・原価計算の現状と課題」
(川野克典)
「日本の非製造業における管理会計の実務」 (劉慕和)
「日本企業の管理会計・原価計算実務に関する調査結果の分析-先行調査研究との比較-」 (新江孝)
「製造業原価計算における「レレバンス・ロスト」の解明」 (髙橋史安)
問い合わせ
日本大学商学部 川野克典研究室内 MARP2020
〒157-8570 東京都世田谷区砧5-2-1
03-3749-6711
kawano.katsunori@nihon-u.ac.jp
ゼミナールの研究発表大会等