日本大学商学部会計学研究所主催 学術研究会 開催のお知らせ

日本大学商学部会計学研究所では、2022年1月29日(土)にビデオ会議システム「Zoom」を用いて、「統合報告(IR)の現状とこれから」をテーマに学術研究会を開催致します。

【日時】
2022年1月29日(土) 13時~15時(延長となる場合もあります)

【テーマ】
「統合報告(IR)の現状とこれから」

【方法】
ビデオ会議システム「Zoom」によるオンライン方式
報告の後、司会の進行で、テーマに関するディスカッションを行います。

【報告者(講師)】
日本大学経済学部 教授 博士(プロフェッショナル会計学) 古庄修先生
有限責任 あずさ監査法人 KPMG サステナブルバリュー・ジャパン パートナー 芝坂佳子

日本大学商学部
会計学研究所長 教授 川野克典(司会)

【対象者】
会計学及び周辺分野を専門とする研究者
会計学及び周辺分野を学ぶ学生、大学院生
企業において経理、広報等を担当する実務家
統合報告や会計学にご興味をお持ちの方

【参加費】
無料

【参加方法】
下記の申込ボタンを押し、Google Formから参加登録1月26日(水)までにお願い致します。登録をされない方のご参加はお断り致します。登録された情報は、学術研究会の運営に用いる以外には利用致しません。なお、参加をお断りする場合もございますので、予めご了解ください。
参加登録



参加登録後、開催日が近づくと、登録されたメールアドレス宛に「Zoom」の招待URLをお送り致します。招待URLをクリックして、「Zoom」に入室してください。なお、初めて「Zoom」を使用する場合、スマホ、タブレット、パソコン等の情報機器にアプリのインストールが行われます。出欠確認の都合上、「Zoom」上の氏名は、登録した氏名を漢字表示でお願いします。

研究会の後、研究会に関するアンケートへの回答をお願い致します。回答方法等は、閉会後、メールでお送り致します。

【報告者(講師)の紹介】
古庄修先生略歴
1986年青山学院大経営学部経営学科卒。1991年同大学院経営学研究科博士後期課程満期退学。博士(プロフェッショナル会計学)。関東学院大学経済学部教授などを経て2008年から日本大学経済学部 教授(財務会計論)。2015~2017年度公認会計士試験委員。神奈川県公益認定等審議会委員。国際会計研究学会理事,非営利法人研究学会など歴任。著作に「統合財務報告制度の形成と課題」(国際会計研究学会2011年度学会賞)などがある。

芝坂佳子氏略歴
東京エレクトロン株式会社を経て,アーサーアンダーセン(現有限責任 あずさ監査法人)入所。現在は,サステナブルバリューの実現に向けた,知識経済社会における企業経営上の課題,特にビジネスレポーティングやコミュニケーションに関わる調査研究,提言等を行っている。著作に「SDGs・ESGを導くCVO - 次世代CFOの要件(東洋経済新報社,2019年)」などがある。

【主催】
日本大学商学部会計学研究所

【会計学研究所について】
会計学研究所は、日本大学商学部において、会計学の発達と公認会計士制度の発展に寄与することを目的として、設置されている研究機関です。

【本ページについて】
本ページは、川野克典のホームページに付設しています。